中越大震災復興5周年祈念イベント
2009年10月23日〜25日 小千谷市総合体育館前
 23日〜25日の3日間、中越大震災復興5周年祈念イベントを開催しました。
 地震からまる5年を迎えた23日は、中越大震災碑の前にて谷井小千谷市長、関前小千谷市長ら関係者、そして遺族の方々、市民の皆さんで献花をし、5年前のあの日を思い出しつつ、あの体験を2度としたくないと願いを込め、お祈りしました。地震発生時刻の17時56分には全員で黙とうを行ない、追悼・復興を祈願しての花火が打ち上げられました。また、鼓童(篠笛)とレインブックによる追悼ライブは、心に響く歌声で観客を魅了しました。日が暮れると気温がグッと下がり、5年前を思い出すようなとても寒い気候となりましたが、暖かい甘酒のサービスもあり、お客さん達をたいへん喜ばせていました。

谷井小千谷市長他より献花

市民の方々より献花

追悼・復興を祈願しての花火

震災当時の様子を写した映像放送

温かい甘酒の配布

自治体などからの応援のメッセージ

レインブック追悼ライブ

鼓童(篠笛)追悼ライブ

 24日は、体育館外のコミュニティプラザにて市内22団体によるテント市が開催されました。新鮮取れたての野菜や、そば、かに汁などのテントが軒を連ね、各団体の活動報告やパネル展示もあり会場は大いに盛り上がりました。小千谷消防署からは、はしご車の試乗体験が行われ子供たちに大人気でした。高いところから眺める景色にドキドキわくわくしたそうです。
 25日は、共催イベントとしてBSNラジオ公開録音が開催され、前川清さんと大倉修吾さんがいらっしゃいました。前川さんの暖かい握手でお客さんはたいへん喜んでくださり、30分延長して歌を歌ってくださるなど楽しい会となりました。
3日間にわたり多くの方々よりご参加いただき、またご協力をいただきました。たいへんありがとうございました。

神戸の皆さんによる紙ヒコーキ教室

かに汁美味しいね

テント市1

テント市2

テント市3

テント市4

段ボール遊び

はしご車展示試乗会